メッセージボード

- Information -

ご訪問ありがとうございます。 現在リクエストは受け付けておりません。


-- E N D --
.
.

FC2プロフ

プロフィール

rucco

Author:rucco
WOWOW・BS2・スカパーで放送された映画のラベルを中心に公開しています。
お持ち帰りの際は拍手かコメントをお願いします。
再配布はしないようお願いいたします。

【ニコニコ動画】フランス映画の会

私も参加しています!ブニュエルやトリュフォー多し。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ruccoのオススメ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

東京暮色

二人の娘を残したまま、母親が愛人と家出をしてしまった一家の物語で、戦後期の小津のフィルモグラフィーでは例外的に暗く、陰うつな雰囲気に包まれた異色の作品といえるだろう。しっかり者の姉、つまらぬボーイフレンドに妊娠させられ事故死する妹、妻に逃げられながら態度がはっきりしない父親、変転の果てに、ひっそりと麻雀荘を営む母親。小津監督は、それぞれのもの言わぬ肩や背中に生きることの悲哀をずっしりと感じさせ、寂漠の人生模様を甘い感傷に溺れることなく、見事に織り上げてみせた。とりわけ、母親と娘の再度の別れのシークエンスが激しく胸を打つ。
(ぴあ映画生活より)

東京暮色
小津安二郎 DVD-BOX 第二集小津安二郎 DVD-BOX 第二集
(2003/10/25)
原節子笠智衆

商品詳細を見る

1957年/日本/140分/英題:TOKYO TWILIGHT

東京暮色(1957) - goo 映画
東京暮色(1957) - goo 映画
スポンサーサイト



2010-08-16(Mon) 00:39| 邦画| トラックバック 0| コメント 1

早春

小津作品としては、シリアスな感じの強い人間ドラマ。倦怠期の夫婦を描いた作品では、「お茶漬の味」などがあったが、それらは軽妙なユーモアを感じさせ、ほのぼのとしていた。ここでの夫婦の危機的状況はもっと深刻である。蒲田界隈に住む30歳の正二と昌子の夫婦の暮らしと、正二とサラリーマン仲間との交遊が並行して描かれる。夫の出征中に子供を病死させて以来、二人の仲は気まずく夫は無気力だ。そこへ夫の同僚の若い娘が関係してきて、夫婦間の不和が決定的となる。そんな状況から脱してヨリを戻し再出発を誓うシーンで映画は終わる。珍しく戦後派新世代の生活感を大胆に取り入れ、仕事仲間とのハイキングの小さな出来事がのっぴきならない不倫へと発展していくプロセスを、きめ細かく演出する。小津映画の珍しいキス・シーンに注目。
(ぴあ映画生活)

早春
小津安二郎 DVD-BOX 第二集小津安二郎 DVD-BOX 第二集
(2003/10/25)
原節子笠智衆

商品詳細を見る

1956年/日本/144分/英題:EARLY SPRING

早春(1956) - goo 映画
早春(1956) - goo 映画



2010-08-16(Mon) 00:35| 邦画| トラックバック 0| コメント 1

彼岸花

小津安二郎が手掛けた初めてのカラー作品。田中絹代・有馬稲子・山本富士子の豪華な女優陣を配して、相変わらずの小津調ホーム・ドラマで楽しめる。がんこな父・佐分利信は、父に相談なしで結婚相手を決めてしまったことに腹をたて、娘の結婚を許さないと言いだす。一方、知人の娘から自由な恋愛結婚についての意見を求められ賛成してしまう。そんな矛盾だらけでありながら、自分の娘のことになると冷静になれない父親像がおかしく、その妻・田中絹代が夫と娘を和解させようとひと苦労。里見惇の原作を小津安二郎・野田高梧の名脚本コンビが脚色した佳作である。
(ぴあ映画生活より)

彼岸花
彼岸花 [DVD]彼岸花 [DVD]
(2009/11/22)
佐分利信田中絹代

商品詳細を見る

1958年/日本/118分/英題:EQUINOX FLOWER

彼岸花(1958) - goo 映画
彼岸花(1958) - goo 映画



2010-08-16(Mon) 00:26| 邦画| トラックバック 0| コメント 1

秋刀魚の味(1962)

巨匠・小津安二郎の遺作となった作品。小津自身は家庭を持たず、母と二人きりの生活を送ってきたのだが、その母をこの「秋刀魚の味」の構想中に失った。娘を嫁に出した父、あるいは母の孤独というのは小津作品に繰り返し現れるシチュエーションだが、真の孤独を味わった小津によって描かれたこの作品での父親役・笠智衆の、淋しさに震える背中は今までにないすご味がある。娘と暮らす初老のサラリーマンは、婚期の娘の結婚を心配する。娘には好きな相手がいるらしいが、はっきりしない。父は、同僚から娘の見合いを勧められる。縁談はもたつきながらやがてまとまり、娘は嫁いでいく……。どちらかといえば、軽いコメディ・タッチで作られているところが、逆に父親の孤独感を浮き彫りにして秀逸である。娘を演じた岩下志麻の快活さも新鮮で、原節子が演じてきたしっとりした感じとは違った味わいがある。この作品を最後に翌年、小津は60才の誕生日にその生涯を閉じた。
(ぴあ映画生活より)

秋刀魚の味
秋刀魚の味 [DVD]秋刀魚の味 [DVD]
(2008/06/27)
岩下志麻笠智衆

商品詳細を見る

1962年/日本/113分/英題:AN AUTUMN AFTERNOON

秋刀魚の味(1962) - goo 映画
秋刀魚の味(1962) - goo 映画


●るるさんリクエスト●


2010-08-13(Fri) 22:56| 邦画| トラックバック 0| コメント 4

小早川家の秋

主として松竹で映画を作ってきた小津安二郎が、珍しく東宝で、しかも東宝主演級の俳優を多数出演させ撮り上げた作品である。造り酒屋の小早川万兵衛を中心に、小早川家にかかわる人々の悲喜こもごもを独特の情感で描写している。万兵衛の死んだ長男の嫁・秋子を再婚させようと、親戚連中は手を尽くすが、秋子はなかなか承諾しない。次女・紀子は転勤した同僚への恋を断ち切れずにいる。一方、妻に先立たれた万兵衛は、昔なじみの妾とよりを戻し、人目を盗んでは通い詰めていた。妻の法事の日の夜、急に倒れる万兵衛。一時は回復するが数日後、妾の家でぽっくり逝ってしまう。親戚一同が会し、静かな葬式が営まれる。火葬場の煙突のけむりを人々がそれぞれの思いを抱いて見上げる名シーンの記憶が、伊丹十三監督の処女作「お葬式」に反映した。
(ぴあ映画生活より)

小早川家の秋
小早川家の秋 [DVD]小早川家の秋 [DVD]
(2004/01/30)
中村鴈治郎原節子

商品詳細を見る

1961年/日本/103分/英題:THE END OF SUMMER

小早川家の秋(1961) - goo 映画
小早川家の秋(1961) - goo 映画


●るるさんリクエスト●


2010-08-13(Fri) 22:55| 邦画| トラックバック 0| コメント 1

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

Lc.タグクラウド